製造設備 / 研究施設Plant / Lab

高品質を支える注目の製造設備と
整った研究環境

2016年春に完成した第二工場 ・研究所の新規稼働により、生産性の向上に加え
より厳密な品質保証や積極的な新原料の開発が可能になりました。
圧倒的な製造技術の質の高さとこだわり抜いた独自技術の製造設備が
常に最高のパフォーマンスを発揮しています
  • 製造技術力について
    人の肌に触れる化粧品や医薬品炭化剤の原料は、無色無臭無刺激であることが求められます。当社は、65年にわたる研究開発の歴史の中で、圧倒的な精製度の高さを実現する独自のノウハウを確立してきました。あらゆる精製試験を経て築かれた当社のノウハウは、門外不出の汗の結晶であり、国内およそ1000社、海外およそ500社に及ぶ世界中の化粧品・医薬品添加剤メーカーからの厚い信頼の裏付けとなっています。技術向上の追求に終わりはありません。今この瞬間も、新規製造方法の研究に注力し続けています。
  • 液体充填クリーンブース

  • 製造設備について
    高度精製技術の研鑚の歴史は、製造設備の進化の歴史でもあります。当社には、新規製品を研究する過程で、製造設備の仕様や設計に関するノウハウも豊富に蓄積されています。第二工場製造棟に導入したペレタイザーをはじめ、当社の製造設備はその一つひとつがオーダーメイド。場合によっては、設備メーカーと連携して、新規設備の開発・設計・製作も当社主導で進めています。製造設備に対するこだわりもまた、高品質な製品を実現できる大きな要因です。
  • ペレタイザー

  • 厳しい品質基準をクリアするために
    先進の分析機器と高度な分析技術により
    精緻な分析を実施しています。
    お客様に安心してお使いいただける品質の確保。そのためには、製造工程の各プロセスやそれぞれの製品に適応した高度な分析ノウハウが欠かせません。当社では、お客様の求める品質基準はもとより、当社独自の厳しい品質基準を設定し、あらゆる面から精緻な分析・検査を実施しています。 その分析工程を担うのが、高度な分析技術を有する精鋭のスタッフと、ガスクロマトグラフをはじめとする先進の分析機器。 ほとんどが自動化されており、常に安定した分析・検査が可能となっています。 また、分析精度の追求とともに、人体や環境への影響を考慮した試薬や分析方法の選定も重視しています。
  • ガスクロマトグラフィー

    ICP発光分光装置

第二工場・研究所
  • 製造棟
    製造棟は地上4階建で、種々のエステル類、グリコール類、高級アルコール類の製造が可能な設備を備えており、原料の供給から、反応、精製、充填までの設備を立体的に配置した非常にコンパクトなつくりとなっています。
  • 事務研究棟
    事務研究棟は、高級アルコール工業の製品の開発から基本特性・応用処方・品質保証までを実現する機器設備を備えており、より精度の高いデータの提供を目指していきます。また見学者への対応も配慮し、オープンな事務研究棟となっています。

TOP