高級アルコール工業の理念Our Philosophy

比類なきオリジナリティ

三位一体の経営とオリジナル技術で
オンリーワンカンパニーを目指す
  • CSRを重視した経営理念をベースに
    さらなる企業成長に向けた全社的な
    取り組みを展開しています
    当社は、いち早くパーム油など植物由来の高級アルコールや各種機能性エステル、イソステアリン酸の研究・開発に着手し、主に化粧品用途向けに、安全で品質の高い製品を安定供給してきました。
    その根底に流れているのが、単に高品質な製品の製造ということだけでなく、いかに社会的責任や社会的貢献を果たしていくかという、CSRを重視した企業理念です。そうした理念のもと、当社では現在、社会性・経済性・人間性を重視した三位一体の経営に加え、自ら問題意識を持って品質・効率の向上や期限内の達成を目指す、全員参加の改善活動「アース21運動」を展開。全社一丸となって、さらなる企業の成長と理念の実現を目指しています。
  • CSRとは?

    CSRとは、企業が事業活動において利益を優先させるだけでなく、顧客、株主、従業員、取引先、地域社会などのさまざまなステークホルダーとの関係を重視しながら果たす社会的責任のこと。当社では、安全で高品質な製品・サービスの提供、環境への配慮など、CSRを重視した経営を展開しています。
  • 独自技術に立脚した
    オンリーワンカンパニーを目指します
    つねに安全で高品質な製品づくりを可能にしているのが、化粧品原料開発にかかわる種々の研究開発により培われた、 当社ならではの新規性・進歩性・経済性・安全性を重視した独自の技術力です。
    環境面にも配慮し、精製・製造された各種製品は日本国内はもとより、世界各国のトップメーカーからも高い評価をいただいております。当社では、さらにその技術に磨きをかけると同時に、新たな技術開発にも積極的に取り組み、独自技術に立脚したオンリーワンカンパニーを目指します。
  • 化粧品産業へ貢献する。
    この企業理念を形にするための
    設備投資を続けています。
    サステナブルな社会実現に貢献するため、必要な環境や安全性への配慮を最優先に考え、コンパクト設計を目指した第二工場では、継続的な設備の改善を行っています。高まる環境への配慮とお客様からの少量多品種へのご要望にお応えするために安全に配慮し安心な化粧品原料を製造する設備の増設工事を実施しています。

TOP